シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TX1310 M1でホットスワップが出来ない

ずっと、お家にお眠りなさってたTX1310 M1を最近、Windows10でも入れてリモートアクセス専用PCとして使おうとすると、いろいろ問題が起きたので備忘録+なんとかする方法をこちらに書かせていただきます。

広告

何が出来ないのか?

本来、この機器ではホットスワップには対応していないのですが、大体のAHCIで動いてるシステムは使えるはずなのですが、使えない。

しかも、ホットスワップ出来ないだけだと不便だけで済みますが、記憶域プールが謎のエラーを吐いて、作成出来ないのが致命的です。

また、問題はWindows 10だけではなく、Linuxでもホットスワップ出来ませんでした。

対処法

ドライバを入れてあげます。

1.チップセットドライバを入れてあげる

一応、Intelの公式にチップセットドライバというものがあるので、それをダウンロードしてインストールしてあげます。

https://downloadcenter.intel.com/ja/download/28710/Intel-Server-Chipset-Driver-for-Windows-?v=t

こちらから.exe形式のファイルをダウンロードして、インストールします。

2.AHCI、SATAコントローラーのドライバを入れてあげる

これが一番重要になってきます。

https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds101491

こちらから.exe形式のファイルをダウンロードし、起動させると、Cドライブ直下にDriverというファイルが出来るので、そこからインストールします。

まとめ

これにより、TX1310 M1でホットスワップが出来るようになりました。

TX100 S3の場合だと、標準ドライバでも可能でしたがこの機種の場合では、ドライバを入れてあげないといけないので注意が必要です。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする