のんびりと生きたい

このサイトではパソコンやスマホやソフトウェア系のことを紹介しています。ほかにも商品の開封記事なども出しているのでぜひ見てください。

server

TX1310 M1でホットスワップが出来ない

投稿日:

ずっと、お家にお眠りなさってたTX1310 M1を最近、Windows10でも入れてリモートアクセス専用PCとして使おうとすると、いろいろ問題が起きたので備忘録+なんとかする方法をこちらに書かせていただきます。

何が出来ないのか?

本来、この機器ではホットスワップには対応していないのですが、大体のAHCIで動いてるシステムは使えるはずなのですが、使えない。

しかも、ホットスワップ出来ないだけだと不便だけで済みますが、記憶域プールが謎のエラーを吐いて、作成出来ないのが致命的です。

また、問題はWindows 10だけではなく、Linuxでもホットスワップ出来ませんでした。

対処法

ドライバを入れてあげます。

1.チップセットドライバを入れてあげる

一応、Intelの公式にチップセットドライバというものがあるので、それをダウンロードしてインストールしてあげます。

https://downloadcenter.intel.com/ja/download/28710/Intel-Server-Chipset-Driver-for-Windows-?v=t

こちらから.exe形式のファイルをダウンロードして、インストールします。

2.AHCI、SATAコントローラーのドライバを入れてあげる

これが一番重要になってきます。

https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds101491

こちらから.exe形式のファイルをダウンロードし、起動させると、Cドライブ直下にDriverというファイルが出来るので、そこからインストールします。

まとめ

これにより、TX1310 M1でホットスワップが出来るようになりました。

TX100 S3の場合だと、標準ドライバでも可能でしたがこの機種の場合では、ドライバを入れてあげないといけないので注意が必要です。

-server
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

VPSでスワップ領域を増やす

VPSで格安のものになってくると、問題となってくるのがスペックになります。 昔のVPSに比べると、メモリが512MBに増えておりかなり使えるものになってきましたが、それでも不足してしまうという現実があ …

nginxでリバースプロキシとLet’s Encryptを導入する

nginxでLet’s Encryptを用いてhttps(SSL/TLS)を有効にする方法をこちらに書いていきます。 当方のLet’s Encryptの記事は備忘録と書きます。 …

LinuxでRAID構築する際にリビルドが遅すぎる時の対処法

CentOSで1TBのHDDをRAID1に構築する際にかなり時間が掛かりそうだったので、対処法の紹介です。 http://liliumrubellum.blog10.fc2.com/blog-entr …

openstackを構築していくpart1

openstackを自力で一から頑張って構築していこうという試みを始めます。 検証目的の場合であれば、centosのpackstackのような自動インストールツールを使うべきです。実用的な運用を目指し …

apcupsdで自動シャットダウンをできるようにする

apcupsdとは APC製のUPSにつながれたサーバ機器を安全にシャットダウンされるように作られたアプリケーションです。 また、このアプリケーションを使うことで複数台のサーバ機器を同時にシャットダウ …