シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

proxmox(Debian系)でソフトウェアRAIDを組む

今回はproxmoxというハイパーバイザーOSを使ってソフトウェアRAIDを組んでみます。

ソフトウェアRAIDを組む方法として、mdadmを使って構築していきます。普通はmdadmをコマンド操作で構築しますが、正直なところキツイのでwebminを使ってRAID構築をしていきます。webminではWebUIから構築出来ますが、実際に動いているのはmdadmなので「コマンド操作したい!」となった時でも対応できるのでおすすめです。

広告

1.最初にWebminの導入

1.1 Webminをダウンロード

http://www.webmin.com/download.html

から最新版の.debファイルをwget経由でダウンロードします。

wget https://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin_1.900_all.deb

https://~all.debの部分は最新版のリンク先を貼り付けてください。

1.2 Webminをインストール

このように、dpkgで.debファイルをインストールします。

dpkg -i https://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin_1.900_all.deb

恐らく、これでエラーを吐いてインストールできないので(インストール出来たらこのコマンドは必要ないです。)、次のコマンドを実行します。

apt-get -f install

このようにすると、Webminをインストールできます。

最後にダウンロードした.debファイルは必要なくなるので、削除しておきましょう。

rm webmin*

これでhttps://[proxmoxのIPアドレス]:10000にアクセス出来るか確かめておきましょう。

1.3 mdadmをインストールする

webminをインストールしてもソフトウェアRAIDの管理ソフトウェアのmdadmがインストールされないので、導入します。

apt-get install mdadm

これでインストールは終了です。

2.ソフトウェアRAIDを構築

2.1 最初に

webminをrootパスワードでログインしてください。

2.2 RAIDで使用するディスクをごにょごにょする

1.ハードウェア>ローカルディスクのパーティションに移動します。

2.使用するディスクを選択します。

3.Wipe PartitionsよりGPTを選択してWipe and Re-Labelをクリックします。

4.ここからは、RAID用のパーティションを作成します。プライマリ パーティションを追加を選択します。

5.種類の部分をLinuxRAIDにし、作成します。

2.3 RAIDを構築する

1.ハードウェア>Linux RAIDまで移動します。

2.このような感じで選択出来るので、構築したいRAIDを選択して、次のレベルのRAIDデバイスを作成をクリックします。

3.ここでRAIDのパーミッションの部分にRAIDにするHDDを選び、作成をクリックします。

4.このようにすると、このようにresyncingが出てくるので、あとは待つだけです。

まとめ

こんな感じでソフトウェアRAIDを簡単に構築することが出来ます。LinuxでRAID構築に自信がない方でもこのようにWebUIで触れるようなWebminのようなツールを使うことで簡単に構築することが可能になりますので、是非使っていただきたいです。

proxmoxを例にして紹介しましたが、Debian系でも全く同じなのでサーバー構築をする方は是非参考にしていただけたらうれしいです(^^)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする