シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

apcupsdで自動シャットダウンをできるようにする

apcupsdとは

APC製のUPSにつながれたサーバ機器を安全にシャットダウンされるように作られたアプリケーションです。

また、このアプリケーションを使うことで複数台のサーバ機器を同時にシャットダウン出来ることも特徴の一つです。

広告

構成

構成としてこのようになっています。

SmartUPS 500につながっているもの

  • TX1310 M1 ( ADサーバ Windows Server 2019 Standard)
  • Fujitsu W510 ( 録画サーバ Windows 10)

この2台サーバ機器がつながっています。

UPSとサーバ機器にはUSB経由でTX1310 M1に接続されています。

TX1310 M1をマスターとして運用します。

今回はUPSとサーバ間はUSBで接続するという条件で記事を執筆していきます。

構築

マスター側の設定

1.apcupsdをダウンロード・インストールする

http://www.apcupsd.org/

apcupsdダウンロード

リンクからWindows版をダウンロードします。

ダウンロードした後は、インストールしてください。

2.ドライバを入れる

ドライバインストール前

ドライバを入れ替える必要があるので、更新します。

ドライバの更新からコンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索をすると、

ドライバ更新

このような画面が出てくるので、ドライバが入っているフォルダを選択し、次へとすると、自動更新がかかります。

ドライバ更新後

ドライバを更新すると(Apcupsd)となります。

3.apcupsdの設定をする

start menu

Edit Configuration fileという項目から設定ファイルを変更します。

##UPSの名前
#UPSNAME    ->    UPSNAME UPS-1
##シャットダウンまでの時間
TIMEOUT 60  ->    TIMEOUT 180

コンフィグを変更した場合は、サービスでapcupsdが動いているのでサービスを再起動させます。

4.apcupsdの設定をする

このままではノード側が情報を拾ってくれないので、 ポート開放します。

ファイアウォールの設定で3351/TCPを開放するだけではうまくできなかったので、サービスとプログラムにapcupsdを指定しました。

受信と送信ともに設定を行うと問題なくノード側が拾ってくれるようになりました。

ノード側の設定

マスター側で行ったダウンロード・インストール&ドライバを導入してください。

1.設定をする

マスター側と同様に Edit Configuration fileという項目から設定ファイルを変更します。

Edit Configuration fileという項目から設定ファイルを変更します。

##UPSの名前
#UPSNAME          ->    UPSNAME UPS-1

UPSCABLE USB      ->    UPSCABLE ether
UPSTYPE usb       ->    UPSTYPE net
#マスター側のIPアドレスを指定します。(ここでは例として192.168.1.100としています)
DEVICE            ->    DEVICE 192.168.1.100:3551
##シャットダウンまでの時間
TIMEOUT 60        ->    TIMEOUT 30
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする